MENU

加工能率と加工精度を両立

砥粒単層固著ホイール

グリットエース

POSITIONING

グリットエースの位置付け

ノリタケの技術力を結集した新しいタイプの研削工具「グリットエース」。
グリットエースは、切削加工の加工能率と研削加工の表面粗さを両立させる位置付けの研削工具であり、特許技術16件を適用したまさにノリタケのオリジナル工具です。

FEATURES

グリットエース4つの特長

1

高い加工能率での加工を可能とする

砥粒の規則配列

高い加工能率を実現させた秘密の1つは砥粒が規則配列。グリットエースの基本的な構造は、研削加工において切れ刃の役割をする砥粒を臺金上に規則配列することで高い加工能率と表面品位向上を実現。

拡大したグリットエースの表面
2

高い加工能率での加工を可能とする

砥粒の突き出し量

高い加工能率を実現させたもう一つの秘密は砥粒の突出し量が高いことにあります。
グリットエースは、従來の電著ホイールとは異なる強固な固著方法によって砥粒の突出し量が大きくても高い保持力を有し、高能率加工でも砥粒の脫落を抑えることができます。

拡大したグリットエースの表面
突き出し量が高いグリットエース
3

良好な表面粗さを可能とする

砥粒の配列間隔

通常、切れ味の良い研削工具は加工面の表面粗さが粗い傾向にあります。
グリットエースにおいては、砥粒の配列間隔を任意に変更できる技術を取り入れたことで、目標とする表面粗さへより柔軟に対応します。

砥粒配列間隔と表面粗さの変化
4

良好な表面粗さを可能とする

砥粒の先端高さ

グリットエースは、砥粒先端を揃えるツルーイングという作業を施しており、
ツルーイング前には、下砥粒寫真の矢印で示すひときわ高さの高い砥粒 が存在しています。
これにツルーイングを行うことで、砥粒先 端に欠けを発生させることなく、砥粒先端を揃えることがで きています。

ツールイング前

ツールイング後

ツルーイング前後の砥粒寫真

MARKET

広がりを見せる市場での採用

グリットエースは高能率な切削加工によって加工されてい る非鉄系材料分野に対して、高精度、高品位で加工する用途 で広がりをみせています。
グリットエースは、切削加工の加工能 率を落とすことなく、ワークの表面粗さや表面品位を向上さ せたい用途に有効であると考えられます。

  • アルミ材/エンジン部品
  • 鉄系材/自動車部品
  • プラスチック/レンズ
  • 複合材/ブレーキパッド
  • CFRP */航空機部品
  • セラミックス/耐火レンガ

* CFRP:Carbon Fiber Reinforced Plastic

CASE

加工事例

アルミシリンダーブロック上面研削

工具 GA(DIA)
フライス
切込み 0.6mm
送り速度 3000 mm/min

工具壽命5倍、面粗さ1/2

アルミ+鋳鉄シリンダーブロック上面研削

工具 GA(DIA)
フライス
切込み 0.3mm
送り速度 1000 mm/min

GA(CBN)は、
アルミ+鋳鉄シリンダーブロックに有効

CFRPの加工

矢印部分の拡大
  • グリットエース
  • 電著ホイール
  • フライス

グリットエースは目詰まりせず、
安定した加工品位を維持できる

  1. HOME
  2. 砥粒単層固著ホイール グリットエース
o|dwomen欧洲少妇,玩少妇流水白浆30p,老色鬼在线精品视频在线观看,强行征服邻居人妻HD高清